株式投資のいろいろ

自信のあった銘柄の株価が暴落、急落してしまったらどう対処するのが最良の方法なのでしょうか。株式投資は失敗がつきものです。大事なのは、失敗した時の対処法です。

1.失敗するリスクを出来るだけどう低く抑えるか
2.失敗した時にどう最小限に食いとどめるか
3.失敗した分をどう取り返すかということ

この3つのポイントをどうおさえるかによって、失敗後の対応がまったく違ってきます。この対応の仕方によって、短期的には同じように変わらないと見えても一年を通してみると格段に差が開いていってしまいます。

暴落時に購入しても再度売られてしまい、損を拡大させてしまうことなどは大半がここに原因があります。一方、的確な選択をしていると、逆に暴落時は大きなチャンスとなり、買いチャンスとなります。ピンチをチャンスに変えましょう。

定年後の株式投資

定年後、老後の生活を考えて、株式投資を始めようと考えている方は意外に多いのでは?
株式投資を始める際に、チェックしておきたいポイントが3つあります。

ポイント1 まずは損しないことを心掛けることです。

まずは東証一部の銘柄のなかから投資、まずは小額からはじめて、大体の知識と経験がともなってきてから本格的に始めましょう。ローリスク、ローリターンを狙うタイプから始動しましょう。

ポイント2 会社員時代の経験を活かした銘柄選びをしましょう。

長年勤めていた業界の知識は、他の人と比べて圧倒的に豊富なはずです。その豊富な知識を強みに生かして銘柄を選びましょう。

ポイント3 投資指標は、PBRと配当利回り重視で。

ひとつの目安として、株価と配当金を比べて株価の2%程度が配当金で貰える会社を選ぶと良いでしょう。為替取引にもいろいろありますので、あまり、欲を出さずにハイリスク、ハイリターンではなくローリスク、ローリタンで始めましょう。

HOME > お金を増やそう > 株にチャレンジ