消費者金融 どこで借りるのがいい?

消費者金融で融資をうけるなら、できるだけ安く!が基本です。
借り入れするなら低金利ローンで安全な返済計画を立ててから!

融資商品にはニーズに合わせた多様な種類のローンがあります。
急いで借り入れできる即日融資キャッシングや一定期間無利息のキャッシング。求める商品は人それぞれでしょう。金利の低いカードローンを利用した場合、その恩恵は計りしれません。

毎月の返済額を抑えられ、元金に配分される割合も高く、さらに、総支払額の減額化は、希望する返済期間を延長することさえ可能になります。
返済額の元金充当割合があがると、当然毎月元金が減っていく割合も大幅アップ。それだけ利息の違いによる、総支払額が変わってきます。

返済計画も立てやすく、無理をしない借金の仕方が身につくでしょう。 たとえ数%の違いでも、利息が高くなるほど、ムダな利息を支払っているということです。

一般的には、大手の消費者金融は小額融資で若干金利が高め。(20%以上)
信販系は、高額融資で低金利。(一桁台 7%~)
銀行系はその中間に位置します。(15~18%)
それぞれを比べる場合は、借入金額毎に、借り入れ条件をよく確認して申し込みましょう。

ローンの比較

通信技術の発達により、情報の高度利用化が進み、インターネットからでも融資の申込手続きが可能になりました。ウェブ上でカードローンなどを扱う業者も増え、利用者の選択肢も広がりましたね。

テレビコマーシャルでよく登場している大手のプロミスや武富士などは、業界でもいち早くネット環境を整備し、貸金業界をリードしてきました。ネットキャッシングは大手の消費者金融ばかりではありません。銀行系の貸金専業者も同じ環境にあります。

モビット、アットローン、DCキャッシュワンなどの銀行グループの消費者金融、OMCカードやセゾンカードなどの大手流通会社の専用ローンカードもそうですね。

どこかで聞いたことのあるような老舗の大手や有名な会社は、正式な貸金業者登録を経て営業していますから安心して利用できます。しかし、新聞の三行広告のような広告で、”いつでも貸します””すぐに貸します”など、諸条件を明記せずに勧誘している業者は、”ヤミ金”かも知れません。

大手信販会社や消費者金融が提供している金融商品は、たいていネットでも利用条件などを事前に確認できるようになっています。ヤミ金などの登録業者でない貸金業者は、ネット広告をあまりしていませんから、ひっかかることはないでしょう。

そうしたことを含め、金利や利用額、その他サービスなど、いろいろ比べて選択できるのもネット環境を利用した場合のメリットです。様々な記入商品紹介サイトがありますが、正確な融資条件などは、サイト内にある広告バナーをクリックして公式サイトへ入場し、内容を確認しましょう。

オススメの会社

▼住信SBIネット銀行
ネットローン、不動産担保ローン、目的ローンなど、ライフワークに合わせて組めるローンが豊富。人気商品は、おまとめや借り換えが可能な、ネットローンのプレミアコース。利用限度額、貸付金利も納得のハイスペック商品です。

▼アイフル
インターネットキャッシング、まとめローン、不動産担保ローン、事業者ローンの案内、CM紹介等。

▼アコム
おまとめローン、クレジットカード、信販等の各種総合金融サービスの展開。
音楽等のエンターテインメント情報。

▼レイク
キャッシング、カードローンの案内、店舗検索、CMの紹介等。

▼ライフ
ライフカードの入会案内。キャッシング専用カードも。

▼プロミス
無利息ローン、金利キャンペーン、商品の利用案内。

▼武富士
取扱い商品の紹介、支店案内等。「\enカード」の申込み受付。

▼スタッフィ
阪急阪神東宝グループ。融資、ローン、キャッシング、消費者金融サービスの案内。ステーションファイナンスが運営。

▼DCキャッシュワン
三菱東京UFJ銀行グループのカードローン。キャッシュワンの紹介、申込受付等。

▼プリーバ
インターネットローン。申込シミュレーション、新規受付。